サラリーマンのカリスマを目指して


by fi2kzsojg2
 千葉県松戸市の千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され放火された事件で、松戸署捜査本部が住所不定、無職竪山辰美被告(48)(強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)を荻野さんのカードで現金を引き出した窃盗容疑で近く再逮捕する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材でわかった。

 竪山被告は「自分が刺した」と、荻野さん殺害への関与を認める供述をしており、捜査本部は事件の全容解明を進める。

 捜査関係者によると、竪山被告は火災前日の昨年10月21日、JR松戸駅周辺の現金自動預け払い機(ATM)で荻野さんのカードを使い、現金約2万円を盗んだ疑いが持たれている。竪山被告は「カードは荻野さんの財布から盗んだ」と供述しているという。

 捜査本部は、竪山被告の供述に基づき、荻野さんのマンション付近を捜索し、包丁や荻野さんのTシャツなどを発見したが、荻野さんを包丁で刺した経緯など供述にはあいまいな点が多く、捜査本部は拘置期限の27日にも、荻野さんの事件について本格的な調べを始める。

 竪山被告は千葉県印旛郡内の女性や松戸市内の女性に対する強盗事件で起訴され、今月6日には、同県佐倉市内の強盗傷害などの容疑で再逮捕された。

覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検(産経新聞)
大久保容疑者の「接待」報道 東京・向島は穴場なのか(J-CASTニュース)
小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)
民家全焼、2遺体発見=16歳と12歳の姉妹か−千葉(時事通信)
「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)
[PR]
# by fi2kzsojg2 | 2010-01-26 18:04
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関して、各閣僚から19日の閣議後の記者会見で発言が相次いだ。
 千葉景子法相は、検察との対決を宣言した小沢氏に鳩山由紀夫首相が「闘ってください」と伝えたことについて、「(東京地検の)捜査は法令に基づいて公平公正に執行されていると思う。その発言が圧力になったということにならない」と、影響がないことを強調。野党が指揮権発動もあるのではないかと懸念を示していることに対しては、「行使するかしないかはコメントすべきでない」と述べるにとどめた。
 前原誠司国土交通相は、小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取に応じる方針を固めたことについて、「大変結構なことだ」と評価した。
 これまでの小沢氏の説明に関して、長妻昭厚生労働相は「捜査中ということもあり、説明の中身は限界がある」と理解を示した。一方、小沢鋭仁環境相は「本人としてはかなり踏み込んだ発言をしたのだろうが、まだ国民の聞きたいこともあるのだろう」と、なお説明を尽くすよう求めた。
 中井洽国家公安委員長は「(小沢氏の胸中には)ここまでやってきて、一番大事な時にという悔しさ、いろんなことが混ぜ合わされているのだろう」と指摘。さらに「特捜も説明責任がある。何の事件なんだろうと。よく分からない」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)
「釈放要求発議も」民主議員、捜査批判の動き(読売新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
<枝野氏人事>たなざらし2週間 平野氏が嫉妬?(毎日新聞)
元副市長らを背任容疑で告訴=不用な土地購入、虚偽文書も−岡山県赤磐市(時事通信)
[PR]
# by fi2kzsojg2 | 2010-01-25 19:49
 加齢で減る脳の神経細胞の基が、運動によって再び活発に作られるようになることを、東京大の久恒(ひさつね)辰博准教授(脳科学)と大学院生の伊藤佳絵さんのチームが動物実験で突き止めた。19日発行の米専門誌ヒポキャンパス=海馬(かいば)=電子版に発表した。

 チームは、記憶や学習など認知機能をつかさどる「海馬」という部分に注目。人なら高齢者に当たる2歳以上のマウスを使い、海馬の神経細胞の基になる幹細胞を調べた。

 その結果、自由に走ることのできる環境で飼育したマウスは、十分運動できなかったマウスに比べて、幹細胞の増殖率は2.4倍高いことが分かった。また、運動する代わりに認知症治療薬アリセプトを投与すると、未投与のマウスに比べ3倍以上活発になることも突き止めた。

 アリセプトは、神経伝達物質アセチルコリンを保護する働きがある。チームは、アセチルコリンが運動で活発に分泌され、幹細胞の増殖を促していると結論付けた。

 久恒准教授は「運動が認知症治療薬と同様の役割を果たしている。人に同じ仕組みがあると考えられ、認知症対策に運動を取り入れる有効性が示されたのではないか」と話す。【元村有希子】

「愛の泉」募金に153万円(産経新聞)
4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
奈良・若草山 春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)
<大寒>全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
[PR]
# by fi2kzsojg2 | 2010-01-24 06:39
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、元私設秘書池田光智容疑者(32)が「小沢先生へ 畳の部屋」と、2007年に小沢氏宅へ4億円を運んだ状況を記した手帳を、東京地検特捜部が押収していたことが22日、関係者の話で分かった。
 池田容疑者は、この4億円を陸山会の口座から引き出したのに、同会の収支報告書に記載しなかったことを認めているが、小沢氏の関与は否定。特捜部は23日に行われる事情聴取で、虚偽記載についての小沢氏の認識をただすとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
小沢氏側に強制捜査 陸山会と鹿島を家宅捜索(産経新聞)
融資金名目で2億5千万円詐取 東電元幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1・5倍(時事通信)
<訃報>柴野拓美さん83歳=作家・翻訳家(毎日新聞)
[PR]
# by fi2kzsojg2 | 2010-01-23 08:56
 国会冒頭から、鳩山由紀夫首相(62)がヤジまみれになった。菅直人財務相(63)の財政演説に対する各党の代表質問が19日午後、衆院本会議で行われ、各党からは鳩山首相と民主党の小沢一郎幹事長(67)の政治資金問題をめぐる質問が連発。鳩山首相には「ドラ息子!」「恥を知れ!」のヤジが飛んだ。月内の2009年度第2次補正予算案成立を目指す政府、与党に対し、野党は「政治とカネ」問題の集中審議と小沢氏の参考人招致を要求。案の定、大荒れだ。

 「ドラ息子!」。鳩山首相が、自民党の大島理森幹事長(63)の質問に対する答弁に立つと、容赦ないヤジが浴びせられた。母の安子さんから“巨額すぎる子ども手当”をもらっていたことが問題視された鳩山首相は、平静を装って答弁を続行。しかし、議場は与野党の失笑や怒号が飛び交った。

 大島氏からは散々な言われようだ。「お母様からの絶大なる、友愛に満ちた脱税ともいわれる生前贈与の問題があります」と、皮肉たっぷりに挑発され「毎月、こんなに多額のお金をお母様から頂いて、総理は感謝の気持ちも伝えていないのですか」と問いただされた。

 与党からも「自民党はどうなんだ!」などのヤジの嵐。首相は「資金の提供を知らないので、母に感謝することもできませんでした」と釈明。「(事件は)検察の捜査で全容解明され、すでに決着した」「(検察から)違法な支出があったという指摘はなかった」…。公明党、共産党の議員からも同じ質問をされたが、ロボットのように同じ答えを繰り返すだけだった。

 小沢氏の問題でも、釈明に追われた。首相が小沢氏に「(検察と)どうぞ戦ってください」と語った発言には「一国の総理の発言とは信じられない」(大島氏)、「法治国家として尋常ではない」(公明党・斉藤鉄夫氏)。民主党が総選挙の旗印にした「コンクリートから人へ」をもじって「コンクリートから小沢へ!」とのヤジが飛び、自民党の武部勤元幹事長(68)も「恥を知れ! 恥を知れ!」と野太い声を響かせた。

 首相は小沢氏について「潔白を主張しているのだから、信じるのが同志としての基本だ」と語って、与党からの拍手を浴びたが、当の小沢氏は議場の最後列で目を閉じたままむっつり。本会議が終わる30分以上前に、いつの間にか姿を消した。

 本会議に先立つ民主党の代議士会では「今日はNHKの中継が入っているから気をつけて」と“品格”を求める呼びかけがあったが、首相や質問者の声はかき消された。野党は「政治とカネ」をめぐる問題での集中審議と、小沢氏の参考人招致を要求。論戦の先行きは不透明だ。

 【関連記事】
鳩山首相が釈明 「検察批判でない」…小沢氏に「戦ってください」と発言
小沢氏が鳩山首相と会談、進退など協議か
石川議員逮捕で鳩山首相ピンチ!
鳩山首相 参院選は小沢幹事長で

【日米外相会談】同盟の亀裂を回避 依然残る米側の不信感(産経新聞)
デビュー31年、還暦前の栄冠…直木賞・佐々木さん(読売新聞)
<花粉>2月上旬〜中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
石川議員の拘置決定、釈放要求発議も可能(読売新聞)
[PR]
# by fi2kzsojg2 | 2010-01-22 13:32